お部屋を借りる

賃貸物件を探す

不動産賃貸マメ知識

お部屋探し~退去まで

オーナー様へ

賃貸物件募集!


札幌不動産賃貸情報
アパマンクリニックFBページ





退去について

退去時の疑問や気を付けなければならないこと

賃貸借契約期間満了・解約

契約期間満了と同時に退去する場合

賃貸借契約期間が満了すると同時に退去する場合は、契約を更新しない旨の連絡をいつまでにしなければならないか事前に確認をして下さい。
貸主(管理会社)によっては、解約の申し出が無い限り自動的に更新される契約の場合「契約満了のお知らせ」や「契約更新の確認」等の連絡をしていない場合もあります。
「賃貸借契約満了と同時に退去をしようと思っていたが、気が付いたら満了日を過ぎていて更新されていた。今退去をするとなると中途解約扱いになってしまう。」という相談をたまに受けます。

賃貸借契約期間中に途中解約をする

何らかの事情で契約期間中に途中解約をする場合は、契約で定められた期日までに解約の申し出をしなければなりません。
札幌市の不動産取引の慣行で一般的には解約の1ヶ月前までに申し出るという契約内容が多いです。
では、必ず一ヶ月前でなければならないのかと言うと、そうでもありません。一ヶ月前までの解約予告に代えて1箇月分の賃料を支払うことにより即解約が可能な契約内容が多いです。
解約前に賃貸借契約書で確認をしておいて下さい。

物件の近所(隣室)迷惑にならないように

引越しの準備や荷造り

引越しの準備で部屋の中を片付けたり荷造りで大きな音を出したり、深夜や早朝まで作業をしていると隣室や近所迷惑になる場合もありますので気をつけましょう。

ゴミ出しのルールは厳守

町内会・自治会のクレームで多いのが「ゴミ出し」ルール違反です。
引越し準備では必ずゴミや不用品が出ます。
どうせ引っ越すんだからとゴミ出しルール違反をすることだけは絶対にしないで下さい。「あそこのマンションの住民はマナーが悪い」とか、管理会社(貸主)にクレームが入ったりとか、自分の知らないところでトラブルになってしまう可能性もあります。

トラック(運搬車両)は所定の場所に

アパート・マンションのトラブルで比較的多いのが他の人の駐車場に駐停車するケースです。
引越しに伴って荷物等の搬出を行う場合は他の人の迷惑にならない場所でお願い致します。一時的に他の人の駐車スペース等を利用させて頂く場合は必ず許可を得てからにして下さい。

残置物の無いように

廊下や共用スペースに物を置いていかないようにしましょう。
所有者不明の状態で、処分しようにもなかなかできず通行の邪魔になったり、トラブルの原因になります。
特に、避難経路には絶対に物は置かないようにして下さい。人命に関わる重大な事故が発生した場合、避難経路は命綱となります。
マンションのベランダ(バルコニー)が避難経路となっている場合もありますので、隣室との仕切りに「非常(非難)時にはここを破って下さい」などの表記がされている場合は仕切り付近に物を残していかないようにして下さい。

賃貸物件の明け渡しと現状回復義務

管理会社(貸主)の退去時立会い

荷物の搬出が終わり、お部屋の中が空になった状態で貸主(管理会社)に確認をしてもらいます。
特に問題なければ確認と後に入居時に預かった物件の鍵を管理会社(貸主)に渡して明け渡し完了となります。

修繕等(現状回復)が必要な場合はその方法などを話し合います。専門業者による見積もりが必要な場合は後日再度立会いとなることもあります。

自分で改装した箇所は現状回復

退去時に現状回復を条件に事前に許可を得て改装や改造を行った箇所は入居前の状態へ復元しなければなりません。
復元には、工事業者等に依頼して数日を要する場合もありますので、なるべく早めに家具家財等を搬出して明け渡し予定日よりも先に空室の状態にしておかなければなりません。
現状回復が必要な場合は日数に余裕をもって引越しの準備等をしましょう。

汚損・破損箇所の確認と現状回復

タバコの灰で床を焦がしてしまったり、ジュースをこぼしてカーペットを汚してしまったりと、入居時と退去時の状態が著しく異なっている箇所がある場合は事前に管理会社(貸主)へ申し出ておいて下さい。
汚損・破損の程度によっては現状回復の費用等を専門業者に見積もりをしてもらわなければならない場合があります。その場合は後日再度立会いをお願いすることになりますので、事前にある程度説明をしておくと退去時立会い時に専門業者も同席するなどして手間を省くことができます。

各種清算と転居後の連絡先

賃料・公共料金等・その他

各種公共料金等は引越し前に清算できるものは清算しておいて下さい。
賃料その他の管理会社(貸主)へ支払っている金銭については、解約の申し出をした時点で清算金額と清算方法等の指示があります。メモをしておいて下さい。

敷金・その他

敷金の返還方法つきましては、管理会社(貸主)により異なりますので解約の申し出をした際に確認をして下さい。
一般的には、退去時立会い後に指定口座へ送金という方法が多いです。但し、現状回復に費用を要する場合や清算の際に敷金から控除される費用等がある場合はその金額が確定した後に返還されます。

転居先の連絡

引越し後に管理会社(貸主)から連絡を受けることができるように連絡先を伝えておいて下さい。
引越し後に宅配などの物が届いたり、お伝えしなければならない事があった場合のために管理会社(貸主)へ転居後の連絡先を伝えておいて下さい。
敷金等も引越し後に返還となる場合が多いので、連絡がとれないと返還が遅れる場合があります。



おすすめコンテンツ

information

運営会社について


LINE友達追加 友だち追加

札幌不動産売買情報のトラストホームへ  




モバイルサイト アパマンクリニックモバイルサイト