お部屋を借りる

賃貸物件を探す

不動産賃貸マメ知識

お部屋探し~退去まで

オーナー様へ

賃貸物件募集!


札幌不動産賃貸情報
アパマンクリニックFBページ





入退去時諸手続き

お引越しに伴う各種手続きです
※北海道札幌市を例に説明致します。

入居時退去時の各種手続き

管理会社(貸主)

入居時
家具家財等の搬入(お引越し)日時が決まりしだい早めに連絡をして下さい。
当日は、トラックを停めて荷物の出し入れがありますので事前に連絡をとっておかなければトラブルの原因になる場合があります。
連絡先は賃貸借契約時に受け取った契約書又は重要事項説明書等に記載されております。
退去時
引越しがきまったら、賃貸借契約で定められている期限までに解約及び退去日の申し出をして下さい。
定められている期限とは、弊社が使用している賃貸借契約書を例にしますと一般的には退去の1ヶ月前までです。賃貸借契約内容によって任意に定められていますので、お手元の賃貸借契約書でお確かめ下さい。
所定の期日までに解約の申し出が無い場合は違約金がかかる場合があります。違約金の有無と金額はお手元の賃貸借契約書でご確認下さい。
又、事前に退去日の連絡が無い場合は管理会社(貸主)による退去時立会いができませんので予定の日を過ぎて解約が処理される場合があります。その場合は日割りで賃料がかかったり、契約違反となり違約金がかかる場合もありますので必ず退去日を連絡して管理会社(貸主)と退去時立会いの日時を打ち合わせて下さい。

電力会社

入居時
利用開始は物件内部に設置されているブレーカーのスイッチを入れる(上げる)と電気の利用ができます。
ブレーカーのスイッチに吊るされている利用開始連絡のハガキに必要事項を記入して郵便ポストに投函して下さい。ハガキがブレーカーのスイッチに付いていない場合は下駄箱や床など部屋の中を探してみて下さい。万一、見つからない場合は
「北海道電力 ほくでん契約センター TEL0120-126-565」へ利用開始の連絡をして下さい。
退去時
お住まいの地域の電力供給先に利用停止の連絡をして下さい。
札幌市の場合は「北海道電力 ほくでん契約センター TEL0120-126-565」です。
※退去される際にはブレーカーのスイッチをオフ(下げる)にすることをお忘れなく。

ガス会社

入居時
ガスの開栓は入居者の立会いが必要です。
「都市ガス」か「プロパンガス」かを事前に確認のうえ、ガス供給会社へ事前の連絡をして下さい。プロパンガスの場合は供給会社の連絡先は管理会社(貸主)へ問い合わせして下さい。
都市ガスの場合は、札幌市は「北海道ガス TEL011-231-9511」です。
退去時
お部屋のガス供給会社へ利用停止の連絡をして下さい。
ガスの種類がプロパンガスで連絡先がわからない場合は管理会社(貸主)へお問い合わせ下さい。
都市ガスの場合は、札幌市は「北海道ガス TEL011-231-9511」です。
※退去の際には、必ずガスの元栓を閉めて下さい。

水道

入居時
元栓を開けて利用を開始して下さい。
元栓は通常、水周り(台所・給湯器等)付近に設置されていることが多いです。又、「水抜き栓」と表示されている場合もあり、レバーやハンドル式の手動タイプや電動式のタイプもあります。
元栓の開け方等が不明の場合は管理会社(貸主)へ連絡して下さい。
管轄水道局へ利用開始の連絡をして下さい。
※元栓を開ける前に必ず、水道の各蛇口が閉まっていることを確認してから開けて下さい。蛇口が開いたまま元栓を開けると、水が勢い良く出て水周り付近が水浸しになることがあります。気をつけて下さい。
退去時
管轄水道局に利用停止の連絡をして下さい。
毎月の賃料と一緒に管理会社(貸主)へ水道料金を支払っている場合は管理会社(貸主)に連絡をして下さい。
((札幌市の各管轄水道局))
 中央区・南区 011-211-7200  北区・東区 011-762-7200
 豊平区・清田区 011-812-7200  白石区・厚別区 011-864-7200
 西区・手稲区 011-622-7200

電話(NTT)等

NTT東日本のホームページに詳細が記載されておりますのでご参照下さい。

市区町村役場

入居・退去時
同一市区町村内の引越しは、転居届を役所へ提出する。
市町村をまたいでの引越しは、転出証明書と転入届を役所へ提出する。

ここでいう、転出・転入・転居の違いは下記のとおりです。

転出–他の市町村へ引っ越す
転入–他の市町村から引っ越してくる
転居–同一市区町村内の引越し

転出証明書は、転出する市区町村の役所からもらいます。
転入届は転入する市区町村の役所に有ります。
同一市区町村内の移動の場合は転出証明は必要ありません。転居先の役所へ転居届けを提出して下さい。
転居届けは転居先の役所に有ります。
例)札幌市白石区から札幌市豊平区へ引越し→札幌市豊平区役所へ転居届けを提出
例)札幌市中央区から江別市へ引越し→札幌市中央区役所から転出証明書をもらい、江別市役所へ転出証明書と転入届を提出
例)江別市内の引越し→江別市役所へ転居届けを提出

市町村をまたぐ移動(転出・転入)は転出時に印鑑登録証を返却し、国民健康保険も資格喪失手続きをして健康保険証を返却します。
そして転入時に新たに印鑑登録を行い、国民健康保険へ加入をします。
同一市区町村内の移動(転居)の場合は転居届けと同時に住所等の変更手続きを行います。

※転出・転入・転居にかかわらず、役所へ行く際には印鑑登録証と国民健康保険証を持参して下さい。
((札幌市の各区役所))
東区011-741-2400 南区011-582-2400 西区011-641-2400 北区011-757-2400
白石区011-861-2400 厚別区011-895-2400 中央区011-231-2400
手稲区011-681-2400 豊平区011-822-2400 清田区011-889-2400

運転免許証

運転免許を持っている人は早めに住所変更の手続きをして下さい。
住所変更をしなくても免許は有効で罰則もありませんが、更新連絡書(ハガキ)は運転免許証に記載されている住所へ送られますし、本人確認書類として運転免許証を使用することが一般的ですのでお引越しが終わったらなるべく早めに住所変更の手続きをして下さい。
手続きを行う場所は新住所を管轄する警察署(運転免許課)・運転免許センターです。
必要書類は
(同一都道府県内での住所変更の場合)
運転免許証、新住所を確認できる書類等(住民票・年金手帳・健康保険証・消印付ハガキ・公共料金等の領収書・外国人登録証明書など)、運転免許証記載事項変更届(警察署・運転免許センターにあります)、印鑑(認印可)
です。
(他都道府県からの転入による住所変更の場合)
上記書類に加えて、
「申請前6ヶ月以内に撮影した申請用写真1枚(カラー又は白黒、縦3cm×横2.4cm)」が必要になります。
※この写真は申請用の写真ですので、住所変更によって運転免許証の写真が変わるわけではありません。
※都道府県によっては申請用の写真が不要の場合もありますので、手続きを行う前に必ず手続きを行う都道府県の運転免許センター等でご確認ください
((札幌市の各警察署と運転免許センター))
東警察署011-704-0110 南警察署011-552-0110 西警察署011-666-0110 北警察署011-727-0110
白石警察署011-814-0110 厚別警察署011-896-0110 中央警察署011-242-0110
手稲警察署011-686-0110 豊平警察署011-813-0110
札幌運転免許試験場011-863-5770

その他

郵便物は最寄の郵便局へ転居届けを出して下さい。
旧住所へ届いた郵便物等を新住所へ1年間転送されます。
転居届けはインターネットからも受付できます→転送サービスの申込み
お持ちの口座の金融機関、各種会員カードやポイントカード類、損害保険・生命保険・共済会等、その他登録している住所の変更手続きを行ってください。



おすすめコンテンツ

information

運営会社について


LINE友達追加 友だち追加

札幌不動産売買情報のトラストホームへ  




モバイルサイト アパマンクリニックモバイルサイト